書類廃棄のご提案|重要書類 (廃棄/処理) には溶解処理の勧め

未来の為にみんなで創ろうリサイクル社会

重要書類・機密書類の廃棄処分(未開封溶解処理を採用・漏洩の危険性がありません。)

機密文書 機密書類 処分 廃棄 古紙 リサイクル 株式会社ワタコー 溶解処理 安全な書類破棄方法のご提案

完全未開封溶解処理
漏洩リスクが低く地球環境にも貢献出来ると言うメリットがあります。
自社でシュレッダーを購入し都や県に可燃ごみとして処分している場合、機密書類はリサイクルされず焼却処理で処分されます。
焼却処理の場合、ご存知の通り大気中にCO2を排出し地球環境に優しくありません。
また、古紙1t(ダンボール箱50個分の機密書類)で森林20本分の樹を伐採せずに救う事が出来るといわれています。
リサイクルに廻せる紙類は出来る限りリサイクルに廻すと言う考え方が地球環境には重要と言えます。
焼却処理にかかるコストや手間を考えた場合でも完全未開封処理の方が断然お得です。
以下の例は機密書類を焼却処分した場合と溶解処理した場合のコストの比較になります。

焼却処理の場合(20箱重さ20kgの機密書類を廃棄する場合)
人件費(時給1,500円)・・・・1時間で10箱の廃棄と考えて3,000円
45リットルごみ袋46枚(約8.55kg相当)・・・・460円
事業系ゴミ・資源有料シール46枚・・・・13,800円
合計で17,260円!これだけの費用が掛かります。



株式会社ワタコーでお勧めする完全未開封溶解処理では20箱の機密書類の廃棄にかかる費用は税込み価格で10,500円になります。また、シュレッダー処理に掛かる 手間を削減する事も可能です。

以上の様な事から機密書類の廃棄には時間やコストも削減され、環境面に措いてもリサイクルできる完全未開封溶解処理をお勧め致します。
現在、機密情報などの機密書類を処分する業者は沢山存在し様々な過程で書類を廃棄しています。
機密書類を廃棄する時、もっとも注意を払わなくては成らないのは 漏洩 です。
間違った廃棄業者を選んでしまうと、機密書類の漏洩、流出に繋がってしまいます。
どの様な業者が最も安全なのでしょうか?
機密書類の廃棄に失敗しない業者選びを、お答え致します。
l 完全未開封溶解処理 l シュレッダー処理 l 選分溶解処理 l

Copyright (C) 2018 watakoh. All Rights Reserved.
SCD-03